「イワシがつちからはえてくるんだ」考

この記事は、音楽理論を1ミリもわからない僕が勉強のために
ない頭を必死に回転させてコード進行について考察するものです
ほんまに何も知らんので的外れなこと言いまくってても知りません
強い人がいればコメントとかでここちがうよ~って言ってくれるとかなり精進になります
今回は「イワシがつちからはえてくるんだ」という曲のコード進行を考えてみる

Aメロ

Dm7 | Am7 | Dm7 |Am7 |
Gm7 | C7 | FM7 | F7 |
Em7(♭5) | A7 | Dm7 | C |
B♭M7 | Am7 |Dm7 D♭M7 CM7 | BM7 A7 |

これもうわかんねぇな(思考停止)
緑の部分はFキーのツーファイブ、青の部分はDmキーのツーファイブだと思われる
最初のキーはC(のはず)。CキーのAm7→Gm7→C7は比較的有名なのでここまではわかる
FM7で素直に落ちて、F7に移動。このF7の意味はよくわからない
次の転調先のDmに何か関係しているのかと思ったが、DmにおけるFは「トニックの代理」とのこと
ともかくF7を挟んでDmのツーファイブに入る。マイナーへの移調で、この部分のメロディ(ちょんぎった~)
もちゃんとDmスケールに則っている
この後Dm7→Cと続くが、これはDm7がDmキーとCキーを繋げているのだろうか
一応Dmキーにもドミナントの代理としてCはダイアトニックコードに存在するのでよくわからないが、
聴いてる感じだとDm7→Cは冒頭のDm7→Am7の代理のように聴こえるのでCに戻っているのかも知れない
B♭M7→Am7はおそらくFへの転調。
次のDm7→D♭M7→CM7→BM7 はこの作曲者がよく使う半音ずつルートが下がっていく例のアレ
ここは理論というよりフツーに階段状に下げてるだけなので特に言うことはなさそう サビ前によく使われる
問題は最後のA7。A7といえばさっきの→Em7(♭5) →A7→Dm7が浮かぶ
A7はDm7に戻りたくなる性質がある(あやふや)ので、実際サビの冒頭はDm7となっている
ここに置かれているA7はDm7にスムーズにつなげるためのものと考えていい?

サビ

Dm7 | C | B♭M7 | FM7 |
Gm7 | C7 | FM7 | F7 |
B♭M7 | Am7 | Dm7 | C |
Gm7 | C7 | Em7(♭5) | A |

さっぱりわからん
とりあえず最後の部分がFのツーファイブからのDmのツーファイブというのはわかった
このサビのコードはもう一回ループするのでうまくDmのツーファイブができるわけだ
しかしC7の次に来るのは本来Fでなければならないのに、なぜEm7(♭5)が通っているのか?
FキーにおけるEm7(♭5)はドミナントの代理として存在しているので、
このコードがFキーとDmキーの架け橋をしているのかもしれない
どんどんいこう

Cメロ


B♭M7 | C7 |
Dm7 | Cm7 F7 |
B♭M7
| A7 |
Dm7 | Cm7 F7 |

これが後1回繰り返す
これは比較的わかりやすい気がします
色がついている部分はB♭キーのツーファイブなのでここが部分転調
B♭M7→A7→Dm7はまだわかる(B♭M7、Em7(b5)ともにDmキーにおけるサブドミナントの代理である)
B♭M7→C7→Dm7も多分C7がDmキーにおけるドミナントの代理なのでA7の代わりに置いたんだろう
つまりB♭M7→A7→Dm7もB♭M7→C7→Dm7も、原型はEm7(b5)→A7→Dm7のツーファイブと思われ
この場合、B♭M7がB♭とDmのツーファイブのつなぎ役をしているんだろう
つまりCメロに関しては、Dm→B♭の転調を繰り返している感じ?
さっきの色分けをより適切にすると、青をDmキー、紫をB♭キーとしてこんな感じになるんだろうか

B♭M7 | C7 |
Dm7
| Cm7 F7 |
B♭
M7 | A7 |
Dm7
| Cm7 F7 |

これ以上は僕にはわからん!!

絵の雰囲気に合わせた色の選択

出会い




色の選択は絵の雰囲気を構成する上で重要な要素を占める
色に著作権はないので、適当に有名絵師のパレットをパクってきても全く問題はないが、
自分でもなんとなく色に対するイメージを持っておくとやりやすい

例えばこのキャラが胸に下げてる宝石のようなものの乗算の部分
色々な色で見てみよう

i1.png

左から、下地の色をそのまま使ったもの、灰色を使ったもの、青色を使ったもの(全て乗算レイヤーの話です)
左はなんだか目立たない気がする 真ん中は違和感が強い
右側は下地の薄黄緑とはやや離れた色になるが、なんだかマッチして見える
初心者に陥りがちなのが、すべての影を灰色の乗算にしてしまったりする奴
それも絵の雰囲気としていい効果を働かせることもあるが、濁って見えることが多いのであまりおすすめしない
灰色や下地の色に近いものにこだわらず、色々な影の色を試してみると楽しい


その他にも、「白」をどう使うかなど
左側は完全にRGBが255のいわゆる「真っ白」
右側は少しクリームがかった色
右側の方が絵の雰囲気に溶け込んでいるように見えないだろうか(見えないと言われたら死ぬしかない)
ここまで露骨でなくとも「真っ白ではなく少しだけ何らかの色に寄った白」などは結構映えるので使いやすい
i2.png


肌色なんかも絵の雰囲気を左右しやすい(今回褐色キャラなので影の変化がわかりにくくなってしまったのは失敗だったかもっていうか失敗です)
いろいろためしてみよう
i3.png

打ち込みのギター

例えばこんな風に打ち込んだギターがあったとして
gu1.png








もう少しノリを出したい、ギターっぽくしたいという時は「ストローク」をかけるとよい
こんな感じの設定にしてノート全体にストロークをかける
gu3.png


その他にもリズムを出すため短いノートを挟んだり色々するとこうなる
gui2.png







ドット絵をドット絵っぽく見せる

d1.png
なぜかFC2にアップするとドットがぼけてしまい若干キレている
僕はドット絵など微塵も得意ではないが最近練習しているので気づいたことなど


線画のなじませが結構重要だと見る
d2.png

d5.png

これは真っ黒な線画に色を載せた時 これを適宜絵にあわせて色を変えてやる

d3.png

d4.png

先程と比べるとだいぶそれっぽくなったのではないだろうか
色のなじませ方としては、一部分につき一色で塗るよりは二色程度使い分けてやった方がいい
例えばこの絵の場合は、髪の線画色を明るい部分と暗い部分で2色に分けている

d6.png

メロディの打ち込みの小技

例えばこんな風に打ち込んだメロディがあるとする

nori1.png

このメロディを再生するとこうなる





これにもう少しノリをつけたい、リズムを良くしたいと思う場合は、所々に「3連符」を使ってみたり、
短いノートをメロディの出だしに置いて勢いをつけると良い


nori2.png

これくらい弄るとこうなる






先ほどと比べるとなんかいい感じになった気がしないだろうか




他にも、例えば民族音楽っぽい笛のメロディを打ち込んだがどうもそれっぽくないという時
nori3.png





これも出だしに短いノートを置いたり、ノートとノートの間に挟んだりするといい感じになる

nori4.png




イラストに対し手軽にかけられる効果

g1.png


1.グロー

レイヤーを複製し、グローでぼかす
g2.png
それの不透明度を下げる
g3.png

全体的に柔らかく見える 使いやすい


2.輪郭

キャラを前に出したい時などに便利
線画レイヤーにCtrl+クリックで範囲選択し、「選択領域を1ピクセル膨張」をいいところまで繰り返し、
それを塗り潰す だいたい結構グチャグチャなので、修正するか薄めの色を使うかすると良い

g5.png
g4.png


3.影

結合済みレイヤーを複製し、好きな色で塗り潰して少しズラす
チープになりやすいので使い方が重要
g6.png


4.その他

「FotoSketcher」などのフリーソフトを使うと、絵に手軽にエフェクトがかけられる
それをそのまま使うのもいいし、オーバーレイ等で組み合わせてやってもいい
g7.png

burasi

雲ブラシ

すとろべりーぱい

ダイアトニックコード以外のコード

流石にゴミすぎるのでたまには何らかの役に立ちそうな事でも書きませう
僕はコード理論の知識が皆無なので殆ど記録用の絵巻である
また僕が実験的にやってみてよかったなぁと思う事を書くので理論的に正しいかどうかはまっったく知らない
主に書くのは、例えばCスケール上でのダイアトニックコード(C,F,G,Dm,Em,Am,Bm7-5)以外のコードの使用法

-------------------------------
・FM7の代理としてGm9を使う


FM7の代理というか、サブドミナントの代理なのかも知れないがとにかく使う
Gm9の後にはなんであれC7を置いたほうが良いようだ

FM7→G7→Em7→Am7 と Gm9→C7→Em7→Am7






--------------------------------
・C#M7→CM9のエンディング感

おそらくC#7がG7の代理で使えるので(昨日おぼえた)C#M7はGM7の代理で使えるんじゃないだろうか
とりあえずいい感じに終わらせたい時に使えるのかもしれない。しらんけど。

Am7→Dm7→C#M7→CM9





--------------------------------
・Dmの代理でA#M7、Gの代理でFm6


Am7→A#M7→Fm6→CM9






やってて気づいたけどFm7も使えるっぽい?
Am7→Fm7→Fm6→Cadd9





--------------------------------
・適当な移調

3度上げて好きなときに戻る なんならもう3度上げてもいい






--------------------------------

・Fの代理でG#M7


Am→Dm→F→C と Am→Dm→G#M7→C








藍 


contact:


日付
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
分類
記録
検索