風船

風船

風船を見ると気分が踊りますね

ウディタ日記

ウディタの基本システムをベースにするとして、僕には大きな課題があった
それは『銃』の再現である
SAOのせいで若干ミリオタになりかけてた僕は銃が剣よりも弱いのに我慢ならなかった
そこでウディタの基本システムを魔改造した結果より弱体化したような気もするが
「銃使ってる」感を出すシステムを導入できた


その1 装弾
よくあるといえばよくあるシステム
ただ「弾」というアイテムを消費するだけなら超簡単なのだが今回はもう少し凝ってみた
まず弾自体を数種類用意する(7.62x51mm NATO弾、5.56x45mm NATO弾等)
そしてそれらの弾に対応する「武器」を作る
その武器が対応していない弾を装填しようとしても装填はできない
例えば5.56x45mm NATO弾に対応するステアーAUGに7.62x51mm NATO弾は装填できない
そして装弾が可能な限界数は決まっており、ステアーAUGならば一度に30発までしか装弾できない
弾は通常攻撃だけでなく特殊技能によっても消費される


その2 リローディング
では戦闘中に弾切れを起こすとどうなるのか
通常システムで弾というアイテムを消費するだけの設定ならそのコマンドが使用不能になるだけだが
今回はもう少し凝ってみた(2回目)
弾切れを起こした場合、通常攻撃コマンドが強制的に「リロード」というコマンドにすり替わる
もちろん弾切れ中は弾を使用する特殊技能も使用不能になる(ここが地味に苦労した)
リロードを選択すると、現在のアイテム欄から対応した弾を減らして新たに装弾することができる
そして、例えばステアーAUGが弾切れを起こしたとして、
アイテム欄に「5.56x45mm NATO弾」が50個あったとすると、そのうち30個が装弾され
アイテム欄の方の弾丸は20個だけ残される
50個ではなく12個しかなかったとすると、12個すべてが装弾される
(つまり所持している弾の数が最大装弾数に達していなくとも装弾は可能)
そして弾を1つも所持していなかったとすると、リロードを選択してもリローディングができず、
少なくともその戦闘中は通常攻撃と弾を使用する特殊技能が一切使用不能になる


その3 ジャム
もう少し武器自体の性能差の幅を広げたかったので「弾詰まり」も再現した
それぞれの武器に弾の詰まりやすさが設定されており、確率で戦闘中に弾詰まりを起こす
弾詰まりを起こした場合、しばらくの間行動不能になってしまう
これにより攻撃力などのパラメータ以外にも「ジャムりやすさ」で武器の性能差が出る



ざっと見てみると銃が弱体化しただけのように見えるが、
銃を装備した時のパラメータの上昇値は平均しても他の武器の約3倍近くにもなるので
面倒さを補って余りあるだけの火力があるということだ
ちなみに今作っているゲームでは銃を使用するのは1人だけである
そして別に俺はステアーAUGは好きではない 対物ライフルだがOSV-96が好き

藍 


contact:


日付
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
分類
記録
検索