僕は吐く

何にもない人生だ
と、つくづく思う
お金はない
夢はない
恋人はいない
友達もいない
誰かに許される前に誰にも許しちゃいない
家族はいるがそれを有難がれるほど純潔ではない
住む家はあるが心休まる場所はない
雨風凌ぐ屋根はあるがすべてを防ぐシェルターはない
雨が降っても槍が降ってもおんなじだ
心中はいつもあまざらし
ふとした時に思い出すのは極めて些細な失敗
吃音、勇気、白けた空気
期待が失望に変わる瞬間
誰かと話すたびに一人反省会の日々だ
誰に指を刺されるわけでもなくただ自分で繰り返す
失敗のテープを何度も何度も再生する
それでどうして少し安心できるんだろうな
思い出すのは些細な事だ
失恋したとか、大それた失敗すらできていない
こんな事なら一つでもあった方が良かった
結果 大穴もなくただただ空っぽなまんま
ひとつの寄せ書きもない卒業アルバム
寂れた景色だけ収まった修学旅行写真
楽しい頃もあるにはあったがそれもおそらく平均ですらない
気付けば人生消化試合 イベントギャラリーはほぼ未回収
薄々詰んでるとわかっていながら「投了するな」と釘を差されるから
僕は夜にひとり沈んだりする
迫り来る呼吸に機敏が追いつかずいつも酸素に喘いでしまうから
僕は何もない場所でひとり溺れたりする
ゴミみたいな一生であっても愛着が沸いてしまったから
僕は泥酔を建前に愛にすがったりする
誰に見られているわけでもないのに口からでまかせでカッコつけるから
僕は深夜に一人 不意に泣いたりする
僕は死んだ眼の午前3時に
厭世の果てに人を信じたがったりする

アンカー

落ちるとこまで落ちて気が付いた
世界は何一つ変わらない
生まれた時からおんなじだ
すべては赦されていたよ
居場所がないと泣いていたが
初めからそんな場所はないよ
先延ばしにした貸し借りが
今襲ってきているだけだ

汚れた声じゃ歌えないな
汚れた顔じゃ愛せないな
命ごと洗えば済む話だ
汚れた心がそう笑った

自分を騙すな アンカー
傷ついたなら痛いと叫べ
柱を任すな アンカー
お前のゴールはお前のものだ
道は あるはずだ
道は あるはずだ

「負け組」って組にすらあぶれた
言うなら敗北そのものだ
期待という鉛抱え込んで
ひとりでに潰れちゃ世話ないな
なぜ産んだと嘆いていたが
それはすべての命の総意だ
「みんなの方が苦しい」とか
言い出す前に終わるべきだ

誰の一番にもなれない
それだけの事が悲しすぎて
すべてを犠牲にしてしまうよ
嘲笑でも良いから笑ってよ

自分を愛すな アンカー
愛に飢えたままくたばり抜け
バトンを離すな アンカー
世界を恨んだままで走れ
道は あるはずだ
道は あるはずだ

格好つけるのはもうやめだ
才能あるふりもうやめだ
はりぼてで出来たプライドが
目の前すべて塞いでいた
変わりたいとは歌わないよ
死にたいと言えば気持ちいいし
ここから踏み出す気力もない
どこまでも惨めすぎる僕が
生涯同居すべき傷を
無理やり塞いで何になるか
血反吐吐きながら進むべきだ
痛みすら僕の道標だ

足跡を消すな アンカー
転んだ事も焼き付けるべきだ
自分を殺すな アンカー
出来損ないのまま走り抜け
道は あるはずだ
道は あるはずだ
道が なくたって
道は 作れるよ

敗北者

僕が辛いのは負けたからじゃなくて
その理由が分からないから
思えばいつもそうだった
必死に準備し慣れない服着て
コンプレックス飲み込んで
吃音症を押さえ込んで喋る
誰より真摯で無様な言葉
ナイスファイトだと言う気はないが
僕は僕なりに頑張った
人生の墓場のような部屋の中で
ある日唐突に告げられる一言
「あなたは負けました」
それで終わり

点差は何対何だった?
どのパンチをかわせなかった?
足りないものは何だった?
「あなたは負けました」それで終わり
震える声は届いていた?
躓きながらも歩けていた?
この手伸ばしたの無駄だった?
「あなたは負けました」それで終わり

私は負けました これで終わり
電車がやってきた これで終わり

生きる重みに耐えられないなら
息苦しいと 言わなきゃ嘘だ
人の温もりに触れたなら
あたたかいと 言わなきゃ嘘だ
なんにせよ 言葉は嘘だが
言葉にしなきゃ全部が嘘だ

頑張ってる人を見下す事でしか
自分を保てない人がいて
それを見下す僕がいて
それまた見下す人もいる
みんなで苦しみ合う事が
助け合いだと言うのなら
掴まれた足を振りほどいてでも
前に進まなきゃ 僕らは嘘だ

自分の力に自信がないのも
自分こそがという気持ちも
どちらも偽物なんかじゃないよ
その狭間で行ったり来たりだ
死にたいと願ったあの夜も
生きたいと叫んだ夢の中も
どちらも偽物なんかじゃないが
立ち上がらなきゃ まるごと嘘だ

すべてを諦めたって顔して
傷つく前に傷ついて
着けた仮面が剥がれなくなって
何が嘘かも分からなくなった
それでも絶対譲れないんだと
無様に喚いて抱き抱えたもの
自分という灯を消せない理由を
燃え上がらせなきゃ 命が嘘だ

こんな話も全部は嘘だが
いずれにせよ 前を見なきゃ嘘だ
自分を卑下した優しい君が
己の蕾を信じなきゃ嘘だ

眠れ

我々が一番心を許してるのは
恋人でも親友でも家族でもなく
自室に横たわるベッドだろう
死体みたいな体を引きずって歩く帰り道
考えるのは帰宅の解放感か明日の重圧か それは奴らの気分次第だ
ベッドの上で娯楽に耽る時間だけが僕らの安心だがそれさえも永遠を許してはくれない
その証左としての希死念慮
夜になると不意に襲ってくるあの衝動
目を閉じても逃げられない現実
耳を塞いでも流れ込む我が忌まわしき鼓動
こんなはずじゃなかった 昔は神童と呼ばれた少年
今は人としての権利を喪失 行き場をなくした期待どもは鋭利な失望となり僕を貫く
フラッシュバックする失敗、後悔、過ち、友達
希望の糸は何度も降っていたらしいが
滑落を恐れた僕はそれを何度も見逃していた
その果てに出た言葉が「まだチャンスが来ないだけ」なら僕もいよいよ潮時だな

終わりのない思考の迷路 ベッドの上で迎える1時間
行き着いた場所はやはり自殺願望 何百回も辿ったこの航路
それをどこか誇らしく思うほど僕も落ちた
いや そう思わなければやっていけないほど僕は間違った
今死ねばこのゴミみたいな迷路を抜けられるか
もういい うるさい おやすみなさい

ベッドは不思議な魔力を持つ
寝て起きると消えている希死念慮
まるで治療のように捉えていたが
それはむしろ病理としての健康だ
眠る事で必死に誤魔化していた
本来の僕の 心の叫び
押さえ込まれても何度も叫ぶ
遺伝子の底からそれを叫ぶ
子供向け端末のNGワード
社会に仇なす不道徳を叫ぶ

死にたい 死にたい 死にたい 死にたい
上司 電車 社会 全部消えろクズども
闊歩する善良なる市民たちも3万人を間接的に殺したテロリスト
最も幸福な瞬間に呼吸を止められなかった 死に場所を失った現世に未練などあるものか
死にたい 死にたい 死にたい 死にたい
深夜2時に一人で熟読する完全自殺マニュアル
今目の前にロープがあったなら間違いなく終わっていた
そうである人はきっと今の世界には少なくないな
珍しくもない死体 抵抗にもならない幕切れ
死にたい 死にたい 死にたい 死にたい
金持ちの健太はコネで大企業に就いた
僕は出生ガチャでことごとくハズレを引いた
それでも必死に頑張ったのにその末路がこれか
最後に復讐として嫌な奴を殺す勇気もないな
死にたい 死にたい 死にたい 死にたい
なんでもいいから早くエンドロールをくれよ こんな僕を作ったスタッフどもの名前を見せろ
そしたら一生恨んでやる 恨む一生をなくしても恨んでやる

無い

大手を振って闊歩 道徳的思想統べる代弁者
割れる匿名の海 さながら電子的モーゼの奇跡
改宗せぬ者には自己批判の割礼を 統括を
社会適合戦争 人道的思想コンプレッサー
人生ベットの椅子取りゲーム
ぼやかされた墓石の数だけ栖む 社会性の犠牲者

中指立てて 地獄と嘆き 前に進む者嘲り笑うも
依然消えぬ猜疑心 死にてぇと叫ぶ遺伝子の外れ籤
社会が悪い 時代が悪い 俺が正しい 絶対間違いねぇ
心からそう思うが 開く道が死のひとつしかねぇ

お金がない 仕事がない
未来がない 居場所がない
周りを見れば楽しそうかというと最早そうですらないんだ
労基がない 逃げ場がない
監視社会 希望がない
前時代の自惚れの負債として 身代わりに殺される我らの世代


自称無宗教国家 その実巣食う過剰努力賛歌
面接室と処刑台 その祈りは見事あの星へ
部族の習わし従えぬ者は火炙りか 晒し首か
出る杭は打たれる 出る悔いは引けず
収容人員超えの生存権
みんなで命の価値の争奪戦 自在改竄不文律

倫理などない 正義などない 「生き甲斐」を動脈から投与するな
レールこびり付く肉塊に 舌打ちが木霊する車内

金が欲しい 地位が欲しい
愛が欲しい 褒めて欲しい
叫んだ奴から順に埋められた 遺骨で作られる未来
愛されない 赦されない
消えて欲しい 死んで欲しい
100年後の教科書にはきっと この時代は暗黒期だろうな


許されたい 撫でられたい
愛されたい 殺されたい
今のうちに楽しめと言うのなら 降りるのも今のうちだ
平和がない 光がない
今日が終わる 今が終わる
どうせ寝て起きたら消える憂いが 常識という酔いを醒ました
だけど諦めてなんてやるものか この苦しみを殺してやるものか

xoxo

命を減らす黒い鮫から逃げ切れた夜はない
石蕗の花ひとつにさえ心揺れる
洗いざらした下着のような恥さらしの歌
それを恥と呼ぶことこそが恥と知れよ

生まれた日も死ぬ日もきっと今日だろう 
それでも明日に託すのをやめられない、愚かな僕らだ

まぶたの裏満たす情景を 描ける言葉はない 
転んでは爆ぜて燃え揺れる 淡い狐火
赤白黄色じゃ描けない 琥珀零した歌 
思い通りを探している

命を食らい育つ罪を思い知るべきだろう
物言わぬ花にさえ怯え 裁きを待つ

黄金の林檎を絹で包んで
白樺の上で眠る君に口づけさせたら
染まる頬 それこそが描きたかった色だった!

心を殺す黒い鮫に打ち勝てた夜はない
君と二人海の藻屑へ 同じ空から

丑満時

暗い夜道にあなたと二人 燈りの側へ

暗い夜道にあなたと二人 鏡合わせの光
淡い夢と見紛うほど 薄暗い月

ああ 祈りさえ許されない別れ
今際に咲くシネラリア

朝に灼かれても尚もまだ
消えることのない日々を
忘れる事の出来ないまま今日も
独りの夜に沈む
瞼を泳ぐのは飴細工のような魚
夜空を翔ける流れ星よ僕を攫ってくれないか


呼吸も覚束ない意識の中 あなたを探す
かすむ青も 落ちる紅も 瞳に溶ける
悪魔が馬に蹴られて死んで誰が笑ったのか
蠍の火がぼんやり揺れて何が変わったのか
くだらない自己陶酔だ 其処は全部嘘だらけだ
馬鹿らしいよな 深くフェーダーかけて忘れてしまえよ

夜に焚かれても今もまだ
褪せることのない日々を
擲つこともできないまま今日も
一人で夜に沈む
今も覚えている 手錠の様なあなたの
罪を引き裂く逢瀬の果て
淡く呪いのような声

「愛の意味さえ知らぬ君へ 童話のような一夜と
跡すら残らぬ口づけで 私と死ねたつもりなのか」

暗い夜道にあなたと二人 鏡合わせで

斜陽

胸に残る想いが
消えることない呪いが
今でも僕を押し上げて
心を焦がすのさ グッデイ

争いや諍いで満ちてく時代の中
眼の前の確かな幸せを感じている

いつか終わる命の中でも
変わらぬ愛があると
心の深くで 知っているから
悲しい言葉 怨嗟の声や
嘆きに満ちた世界で
子供の笑い声 忘れたくない

あぁ 言葉が紡げなくなる前に 何を云おうか

胸に残る想いが
消えることない呪いが
今でも僕を押し上げて
心を焦がすのさ グッデイ

(胸に残る幾多の後悔 しかしそれは優しい呪い
僕らを前に押し進めてくれる 不器用な原動力)


思い出は美しく静かに重くなる

誰もが痛みを隠して生きてる
寂しくなって群れてる
一人になれない臆病な僕ら

あぁ 手足が動かなくなる前に 何処へ行こうか

窓に射した光が
埃被った手紙が
お金じゃ買えぬ何かだけが
僕らを生かすのさ オーライ

(胸に残る幾多の後悔 しかしそれは優しい呪い
僕らを前に押し進めてくれる 不器用な原動力)


どうせ死ぬならこんな歌も
意味などないが
どうか少しでもあなたへと
届きますように

どうせ死ぬからこんな歌も
意味などないが
どうか少しでもあなたへと
届きますように

(胸に残る幾多の後悔 しかしそれは優しい呪い
僕らを前に押し進めてくれる 不器用な原動力)

プラムナイフ(仮)

愛はなぜこんなにも こんなにも 僕を焦がすの
アイスピックで一刺し 心殺す一言
ハンプダンプが転ぶ そう転ぶ 無様な孤独
パンチラインが足りない 誰にも届かぬ声

泣き笑いばっかで誰にも見えない僕等に明日は無いよ
嗚呼 毎度の嘲笑う太陽 突き刺してしまえ

愛したいんだったって
おもちゃ箱の中 遠く遠くで響いた声が
どうしたって離れてくれないな
ついた傷も忘れたのに
痛みだけは消えちゃいないな
信じたいものばっか積み上げて

濁った海を征く魚
うまく泳げずに泣いている
群がった烏 廃墟の街
意味などないとも知られずに
声を亡くしたサンタマリア
広場に唄は鳴り止まずに
呪われた日々にただ嘆く
輝きたい事 殺せずに

遠くなって 忘れてしまった言葉と九月の夢
昏くなって 隠れんぼばっか上手くなって嫌になるな
「前倣え」 倣えりゃよかったが どうしたって僕のままだ
さぁ いよいよ逃げ場など無いな 泣き疲れた声

許したいんだったって
僕等の隙間は 一人ぼっちじゃ足りなくなって
どうしたって埋まってくれないや
傷ついたのがお互い様なら
馬鹿みたいだって泣いてたいや
愛したもの嘘にしないように

僕等のプラムナイフは
刺し違えてばかり傷だらけだ
それでも その全てを
血を流したまま愛してやりたい

笑いたいんだったって
封じ込めたのだ 誰にも見つけられないように
そんな僕等は此処でおしまいだ
愛してくれと声枯らしたら
笑っちゃう程に呆気ないな
傷つけ合う覚悟背負ってゆけ

藍 


contact:


日付
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
分類
記録
検索